10万円一律給付

新型コロナウイルスでの家計への負担を配慮して

当初は住民税非課税世帯等に対して30万円の給付することとされてましたが

非難殺到が相当なものだったのか

30万円案を取り消して10万円一律給付を検討し始めたそうです。

 

ケチらずに初めから10万円給付にしてれば

ここまで批判されずに済んだでしょうに(^^;)

 

全員に給付であれば手続きはそう難しくはならないのかな、と。

各自治体へ銀行の口座番号とマイナンバーを記載した書類を送れば

それで完了できそうですからね。

 

逆に、ここでマイナンバーを有効活用できないのであれば

マイナンバーの制度自体、形骸化してしまってると言えるかと。

 

政府としてもマイナンバーの重要性をアピールできるチャンスだと思うんですよね。

 

多くの国民は平成28年の年末調整の際に扶養控除申告書にマイナンバーを記載して以来

自分の番号を見る機会はなかったんじゃないかな~。

 

ところで、この10万円って非課税?

それとも一時所得?

国税はどんな手を打ってくるのかも気になりますw

 

 

 

コメントは受け付けていません。