ドル 為替相場

アベノミクス前から今現在でかなり円安が進みました。

当時のタイミングで、外貨預金等で財産を分散していた方は

資産が保全され、もしくは為替差益で潤ったことと思います。

 

しかし、全財産が円建てでここまできた方は

実質25%程金融資産が目減りしたことになります。

 

食料品の値上げやガソリン代の上昇も

外貨で運用してきた人にとっては負担は前とほとんど変わりませんが

日本円だけで貯金してきた方は、

物価上昇でかなりダメージを受けてしまったかと思われます。

 

これは知ってるか知らないかの差であり、

実際に行動に移したか、そうでないか、の差だと思います。

 

これを教訓に次の行動が起こせる人は

チャンスに変えられると思うんです。

 

もし、これらかさらに円安が進むとしたら

あなたはどうしますか?

 

今は、外貨を買うよりも金やプラチナを買った方がいいかもしれないです。

 

渋谷109

渋谷109について 最近初めて109が東急(とうきゅう)の名前から 来てることを知りました。

だから何だって話ですけど。

若い女の子の客が多い所ですけど めちゃくちゃ儲かってると聞きます。

リクナビ あおり

就職活動サイト最大手リクナビの学生用の画面が昔と比べ

かなり変わっているということで話題になってます。

 

昔は興味のある会社に対して資料請求したり

セミナーやガイダンスの予約をするために学生側が自発的に

エントリーボタンを押してました。

 

しかし、今の画面は他の会社も一緒に一括でエントリーするように

勝手に促されるそうです。

これはリクナビ側の都合でそのようなシステムになっているそうなので

無理に一括エントリーしない方がよさそうです。

 

興味のない会社から資料が送られてきても

学生、会社ともにメリットはありませんからね。

 

 

 

ユニクロ 正社員化

ユニクロがアルバイトを正社員にすることを発表して

ニュースになりました。

 

これって非常に微妙です。

他の会社が正社員化するのとはワケが違う気がするんです。

 

ただでさえブラックと呼ばれる職場で

今までは働いた時間分お給料がもらえていたのに

給料が固定化されて労働時間は天井知らずに増えるリスクがあるからです。

 

確かにユニクロの製品は素晴らしいです。

フリースやヒートテックだけでなく、安くていい服がたくさんあるので

低所得者層には本当にありがたいお店です。

 

ただ、それと引き換えに現場で働く人が搾取されているのを知ると

なんとなく申し訳ない感じがしてきます。

 

アリババ

中国の電子商取引大手の会社だそうです。

今回アメリカで上場するということになり話題になってます。

 

基準の厳しいアメリカで上場するのはかなりすごいことかと。

 

マウントゴックス

破綻してしまいましたね。
まさかとは思いましたが、呆気なかったというか、
何も知らなかった人はこの事件で初めてビットコインを知ったんじゃないでしょうか?

マイナーな投資物件のような、
雲の上の国の通貨という印象でした。

まだ他にも取引所はあるので
ビットコイン自体はこれからも取り引きされるんでしょうけど
価値は不安定でしょうね。

9―3÷1/3+1

解けましたか(笑)?

ある大手自動車部品メーカーの新入社員テストで

正答率は4割だったそうです。

ちなみに1980年代は9割正解していたそうです。

 

ゆとり教育とか、そんなもの以前の問題な気がしますが

結構深刻な印象を受けますね。

だってメーカーの社員ですよ?

バリバリの理系の人も半分はいますよね?

ちょっとインパクトのあるニュースでした。

 

ただ、今の新入社員は小学生の頃からインターネットが

ほぼタダで使える環境で生活してましたし、

中学生で携帯電話を持っていた世代です。

自分の頭で考えなくてもツールで何とでもなる環境だったんですね。

 

合理的ではありますけど

生きていく上で大切な能力が少しずつ失われているような、

そんな感じがしますね。

 

 

 

 

日本経済

今現在の株価の値動きが1929年の世界恐慌の時と

かなり似てるそうです。

 

NISAが始まったばかりで微妙ですが、

早めに損切りしておくのもリスク回避行動としてはありかと。

 

あとは消費増税の影響ですかね。

橋本内閣の時、3⇒5%の増税でたくさんの企業が倒産しました。

山一証券や北海道拓殖銀行が潰れたのもこの時期です。

 

今年何があるか、アベノミクスの正念場ですね!

 

失業保険

アメリカでは今騒がれているそうです。

日本では失業保険のかわりに
雇用保険というものがあります。

1年以上働く見込みがあり
一定時間以上勤務している人は
強制的に加入させられる保険です。

もし失業したときに保険金が支払われる仕組みになってますが
会社都合か自己都合かによって
支給時期が異なりますので注意が必要です。